スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

柊「たつくん、たつくん」
紫乃「竜美ーたつみー」
竜美「あ?」


竜美「何してんだお前ら」
紫乃「カワイイ?」
竜美「柊はともかく、お前はうっとおしい


紫乃「さぁ、ひぃくんどうぞ!」
柊「たつくん、もんだいですっ!」
紫乃「タタンタランッ♪」(効果音のつもり。笑)
竜美(あいつうぜぇ…)
柊「きょうは、なんのひでしょー?」
竜美「あ?今日?」
柊「わすれた??」
竜美「??」


柊「たつくんの、おたんじょうびでーす!」
紫乃「竜美の誕生日でーす☆」
さっそくですが、私からの誕生日プレゼントを☆

竜美「Tシャツと帽子か」
柊「きらきらしてるっ」


紫乃「頑張って着こなせよ竜美。無理だったらいつでもウチが着こなしたげるから☆」
竜美「安心しろ、問題ない。唯一の心配はオーナーのセンスだけだな」
紫乃「同感やな」
い…言い返せない…(TдT)


紫乃「さぁ!次はひぃくんの番やでー^^」
柊「たつくん、おたんじょうびおめでとう!プレゼントどうぞー」
竜美「貰っていいのか?柊」
柊「うん!たつくんにって、えらんだんだよ」


竜美「そうか、ありがとうな柊。大事に使うからな」
柊「たつくん、きっとにあうよ!」
紫乃「よかったなぁひぃくん」


紫乃「次は、ウチの番でーすッ!!」
竜美「あぁ、嫌な予感しかしねぇな」
紫乃「ちょっと持ってくるから待っててなー」


竜美「柊、あいつ何買ってきたか知ってるか?」
柊「ううん。しのちゃん、ひとりでかいにいったからしらない」
竜美「まぁ・・・ろくなモンじゃないだろうな」
紫乃「お待たせー♪」


紫乃「誕生日おめでとう竜美!プレゼントといえば、やっぱり花束やろー(^v^)」


竜美「・・・今何て言った?」
紫乃「誕生日おめでとう竜美」
竜美「その後だっ!」
紫乃「プレゼントといえば花束やろー?」
竜美「それの何処が花束だ」


紫乃「“花”が“束”になってるから、花束やろ」
竜美「強引にも程があるだろ。どう見てもそれは“植木”だ」
紫乃「ちゃんとリボンもついてるし」
竜美「よし、百歩譲って花束としてやろう。だが、
   花束はそうやって置かねぇ!



紫乃「まぁ、何はともかく。これからもよろしく竜美☆
柊「よろしくね、たつくん!」
竜美「あぁ、素直に喜べないがな
スポンサーサイト
SD13B 31番(竜美) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おめでとーー!
どもども!竜美君誕生日だったのですか!!
おめでとうです!!

ひぃくんに対して優しい竜美君素敵です^^紫乃ちゃんとの対応の差に笑えますww
あれだね!ウザいウザい言ってるけど いざいなくなると寂しいんだね!!妄想さ!(>ω・)b

花束の発想が素晴らしいね!!そうだね!たしかに「束」だね!ww

竜美君!これからも仲良くしてね!!

お邪魔したよ!
若子さんありがとーーー!!
コメありがとうございます^^

すっかり忘れかけてました、竜美の誕生日(笑)
あれさ、忙しかったから!!バイトも被っちゃったしね。

竜美は柊に対して優しいですよ。素直だしねー。誰かさんと違って悪意が無いからww笑ってやってください(^v^)
一回紫乃がいない状況を作ってみたいです。少し寂しそうな表情するかも!まぁ、どっちかって言うと、清々した表情やったりしてww

『花束』ありがとう!自分でもアレを思いついた事にビックリだよ(・∀・)
花屋からあのまま担いで帰ったのだろうか…

こちらこそ、竜美共々これからもよろしくお願いしますッ!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。